2010年04月01日

40オトコの恋愛事情 "DAN IN REAL LIFE"

さっきスター・チャンネル40オトコの恋愛事情っていう映画がやってました。

主演はSteve Carell、監督は"About a Boy (映画『アバウト・ア・ボ-イ』原作)"の脚本を書いたPeter Hedgesですexclamation×2

あらすじは...
主人公である40男、Danは3人の娘の父親でありコラムニスト。4年前に妻を病気で失い、それ以来シングルファーザーとして頑張っているが、娘たちは思春期真っ盛りで反抗期。なかなか手に負えない。
そんな中、Danは3人の娘を連れて毎年恒例の親戚一同で休暇を過ごすためにロードアイランドの実家に向かう。実家から少し離れた町の本屋で偶然、マリーという女性に出会い、恋に落ちてしまう。しかし、マリーは自分の弟のミッチの彼女だとわかり....

感想...
どうやらDVD発売さえされていないみたいなので、あんまり面白くない映画なのかなぁーとあんまり期待していなかったのですが...笑えて、ほんのり心があたたまるラブコメディー&ファミリーストーリーでした!!99分という非常に短い作品なので映画というかちょっと長いドラマ?って感じでしたが、ダンのマリーに対する抑えきれない感情とか、子供たちとうまくコミュニケーションがとれなくて頭抱えている姿とか見ていてついつい感情移入しちゃいました。こういうラブコメって見ているだけで心暖まるよねぇ。好きです★


posted by Sawako at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

IRONMAN

日比谷・日劇PLEXで"IRONMAN"を観てきました。

以下、ストーリーの概略…

アメリカの巨大軍事企業のCEOであるトニースタークは新しいミサイルのお披露目をすべく、アフガニスタンへ行く。そこで、テロ組織に捕らえられ、心臓近くに傷を負ってしまう。
そのテロ組織からミサイル作りを指示されたトニーは、監視の目を盗み防御スーツなるものを作り上げ、何とか脱出し、無事にアメリカに帰還する。
トニーは自身が監禁されている時に自分の会社で作っている武器がテロ組織などの悪の手に渡っている事を知り、帰還直後に会社の武器製造中止を発表し、IRONMANとして今度は違った形で世界平和に貢献することを決意した。

★感想★

またまた、アメコミから新しいHEROが誕生しました!!その名もアイアンマン。名前こそちょっとダサいですが、金属スーツに内蔵された機能は最新の科学技術を駆使して作られたもの。金持ち・天才・イケメン・そして最強ときたら言うことなしですよねー。

この映画の見所はまさにアイアンマンのスーツ作成シーンかな。

すんごく頭のいいパソコン とのやり取りがとっても面白い。しかも、立体的に3D映像でスーツの完成予想模型みたいなのを見せてくれて、それを手で動かせるんですよ〜!と、文章で書いてもあんまりすごさが伝わらないんですが、観てみればわかるはずです。

その他、トニーはさすが金持ちだけあって、駐車場に停めている車が実にかっこいい。
私は車マニアとかいうわけではないので、ブランド名まではわからなかったのですが、観ているだけでほしくなっちゃうような車ばかり。

バットマンみたいな陰のヒーローもかっこいいけど、トニーのような"I am Ironman"なんて宣言しちゃうHeroも魅力的じゃない?


posted by Sawako at 13:19| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

Wanted

今日は有楽町の日劇PLEXでアンジェリーナジョリーが出演している「WANTED」という映画を観てきました!!

さすがにR−15指定がついているだけはあり、銃撃シーンは若干グロテスクで眼をつぶってしまう所も多々ありましたが、CGを駆使したこの映画の迫力はなかなかのものでした。

とりあえず、この映画、現実離れした...というかアニメの世界を実写化したような作品なので

「いやぁいやぁ、さすがにそれはちょっと...笑 無理があるんとちゃいますかね?笑」

と、ところどころ突っ込みどころ満載で、そういう意味でとても笑いました。おそらく、監督は笑わせようとか思っていないんだろうけども。

だって、暗殺者のみなさんは

銃弾を飛んでいく方向を曲げてしまうし、

車は普通に宙を舞って着地するし

ははは、と笑いながら、楽しんでしまった。
私個人的な意見を言わせてもらえれば、アクション映画ならば007とかMI:3とかの方がまだ現実的で、地味にかっこいいと思えるのでスパイものの方が好きなんですけれど、「WANTED」はユーモアもところどころに取り入れていて、監督は結構計算しているなぁっていうのが率直な感想。特にエンディングとか、すごくよくまとまっています。

とにかく、さらっと見れる軽い映画なんでおススメです。

ちなみに個人的には、この映画、非常に英語が聞き取りやすかった!!英語の勉強にもなりました。



posted by Sawako at 22:41| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

AUGUST RUSH 奇跡のシンフォニー

今日、日比谷スカラ座で"August Rush"を見てきました☆
邦題は奇跡のシンフォニーです。

この映画の見所はやはり、musicですね。最後のシーンのオーケストラは勿論のこと、映画の途中で主人公の男の子がギターを弾くシーン、チェロとロックの奏でるメロディーが一体化した瞬間どれも素晴らしくて、涙が自然とこぼれてきました。

音楽の持つ力はとっても大きいと思う。いいもの見させてもらったな。




posted by Sawako at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。