2010年04月05日

バリアフリー

松葉杖になって、初めて気づくことって結構多い。今までと見える世界が全然違う。

特にバリアフリーって結構いろんな場所に浸透しつつある言葉ではあると思うけど、
例えば駅のホームとかエレベーターが設置されているだけじゃバリアフリーだとは言えないと思うんだよね。

新宿駅の丸ノ内線ホームとか、小田急線やJRの乗り換え口からは一番遠い端っこにエレベーターがある訳で、松葉杖でそこまで行くのも大変だし、そこから長い距離を歩いて乗り換えるのはもっと大変。例えば歩く歩道とかを作ってくれるだけで、乗り換えがずいぶん楽になると思うんだけどなぁ。

それに、つるつるした素材の床だったら雨の日は滑っちゃって怖くて一歩一歩慎重に踏み出さなきゃいけないし。階段だって、松葉杖でのぼれない訳ではないけれど、あまりに段差が大きかったら無理だし、手すりがなかったらとてもじゃないけど危なくて上れません。

その他、車から降りようと思った時、ガードレールがあると松葉杖ではとてもじゃないけど乗り越えられない。でもこれはどうにもならないことだけど、ガードレールって足が不自由な人には結構邪魔な存在なんだろうなぁ...

後、信号が短いとすっごい焦る!!松葉杖のスピードって結構限界があって、途中で点滅とかするとあたふたしてしまうんですよ。

といった感じで、松葉杖になってみて初めて、バリアフリーを考える上で何が必要なのかってのが少し見えてきました。

ちなみに、私の家の中はバリアフリーなんて全く考慮されていないので、生活しづらい!

そもそも三階建てでリビングが二階なので、何か物をとりにいくにも階段はつきもの。

そして階段にはもちろん手すりはなく、しかも段差が大きい螺旋階段なので、もはや松葉杖で上ることは不可能なので、腕で体を持ち上げながら後ろ向きで一段一段のぼってます。

しかも、松葉杖だと物が持てないので、何をするにも誰かの助けが必要...

ケンケンなら、手が空くので持てるのですが、当然液体物が無理。だって飛び跳ねたらこぼれちゃうから。

そんなことにも松葉杖生活になるまで気づかなかったのです。

ちなみに松葉杖だと大胸筋と腹筋と背筋、そして健側の筋肉が鍛えられます笑
posted by Sawako at 16:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145690288
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。